骨董品を買取りしてもらう方法とは?

買取り業者を利用することが最もポピュラーな方法です

特に決まった相場が無い骨董品を買い取って貰う方法は色々あり、たとえば自分が納得した値段で知り合いの欲しい人に直接売ってしまうことも可能です。ですが、高い価値があるものを安く売ってしまうリスクが有るので、やはり骨董品を売りたいのであれば、買取り業者に依頼することが一番でしょう。
一口に骨董品と言っても刀や茶器や掛け軸等そのジャンルは多種多様、しかも1ジャンルだけでも正確に鑑定するためには膨大な知識と経験が求められます。ですから、売る際は自分が売りたい骨董品のジャンルを専門に扱う業者を選ぶことが大切です。業者の買取り手段は、従来の店頭タイプに加えて宅配タイプや出張タイプがありますが、宅配タイプは避けた方が良いでしょう。テレビゲームソフトやDVDの出張買取りであれば手元から離してもそれほど心配は要りませんが、骨董品は手元から離すにはリスクが高すぎるからです。

安心の持ち込みと出張買取りについて

骨董品を宅配して査定して貰うことは非常にリスクが高いため、現実的な買取り方法は持ち込みと出張タイプの2つになります。
査定スタッフを自室にあげることに抵抗があるのであれば、従来の持ち込みタイプが良いでしょう。基本的に予約無しでいきなり店頭に持ち込んでも問題ありませんが、お店によっては事前の予約が必要になる場合もあります。結果に納得がいかなければ、買取りを拒否しやすいことがこのタイプの利点です。
インターネットの普及に伴って増えているのが、出張専門の骨董品買取り店。実店舗が無くても開業出来るので新規参入しやすいことが増えている理由です。骨董品は物によってはとても嵩張るものなので、出張買取りは大量の品数を売りたい場合に最適と言えます。
このように買取り方法は幾つかありますが、売りたい骨董品のジャンルや品数などによってどれが適しているのか異なるので、自分にあった手段を利用するようにしましょう。